為替レート

ニュース番組でよく聞く言葉と思いますが、外国為替とは世界にある通貨を数字上で交換することを指します。例えば、米ドル、日本円、ユーロ、ポンドなど各国の通貨を交換することです。


そしてこれらの通貨を交換するときの比率を為替レートと呼びます。為替レートは常に変動していますが、その理由は多岐に渡るので、原因を究明するのは困難です。


主な原因には、その国の経済的な理由、貿易的な理由、政治が絡んだ理由などがありますが、それが絡み合った原因になるので経済学者でもなければ、根本の原因を探ることは難しいでしょう。


簡単に考えると、ある時に、米ドルよりも日本円のほうが価値が高いと世界の投資家たちが判断すると円高になります。


ただし、これは対米ドルであって、円が米ドルよりも強くても、第三の国の通貨との関係は強いとは言い切れません。


それは、また、その第三国との関係になりますので、例えば、米ドルに強く、ポンドに弱いということも有り得ます。その時の為替レートは、アメリカには円高ドル安で、イギリスに対しては円安ポンド高になります。

関連エントリー

 
Copyright ©  人気のネットバンクランキング All Rights Reserved.