事故や盗難時の補償は?

ネットバンクというのは、通帳代わりに出入金履歴がインターネットで確認できますし、いろんな手続きもパソコンひとつで出来てしまうので、とても便利です。

ただ、少し心配なのが、セキュリティの問題ではないでしょうか。これは、ネットバンクだけではなく、自分でもしっかりとセキュリティをしなければいけません。

しかし、自分で出来るセキュリティには限界があるので、口座を作るネットバンクの補償制度をしっかりチェックしておくことも大事です。

ネットバンクそれぞれに規定はあるのですが、キャッシュカード盗難保険や不正利用などに関しては、どのネットバンクでも保険会社と保険契約を結んでおり、補償制度が付いています。

たとえば、イーバンク銀行であれば、不正使用された場合は、1,000万円まで、キャッシュカードの盗難に関しては300万円まで補償してくれます。住信SBIネット銀行であれば、被害額の全額を補償してくれます。

ジャパンネット銀行は、キャッシュカードの盗難は50万円まで、口座の不正使用は300万円までの補償が付いています。

他行に比べて、ジャパンネット銀行の補償額が少なく感じるかも知れませんが、1分ごとに異なるパスワードを発行して、ユーザー認証を行うワンタイムパスワードや、ログイン画面で前回のログイン時間が確認できるなど、最高水準のセキュリティを導入しているからでしょう。

他のネットバンクも、補償額の差はあっても、補償制度は万全を期していますので不必要に不安を感じることもないでしょう。

関連エントリー

 
Copyright ©  人気のネットバンクランキング All Rights Reserved.